2020シーズンの予約方法や注意点

2020シーズンの予約方法や注意点

感染症対策をとったうえで、7月15日より利用を受付いたします。
こちらのページ をご確認の上、ご予約ください。

2019年2月24日

山研の本棚

だいぶ久しぶりのブログになってしまいました。

最近の私はというと、ちょっと、けがをしまして、家で過ごすことが多くなっています。
山に行きたいけれど・・時には家でのんびり過ごすのも、なかなか気に入っております。
音楽を聴いたり映画を観たり、本を読んだり。

今は、ハインリヒ・ハラーの「白いクモ」を読んでいます。
ハインリヒ・ハラーは、言わずと知れたアイガー北壁の初登頂者であり、「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の作者でもあります。

私は、山岳会に入る前から「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の映画が大好きで・・・原作はもっとおもしろいよ、と、山研委員の先輩に教えてもらい読んでからハラーの大ファンになりました。(「セブン・イヤーズ・イン・チベット」は映画ではチベットでの日々がメインに描かれていますが、そこに至るまでの経緯は、個人レベルでは20世紀最大の冒険だと私は思っています!)


で、この白いクモも、ずっと読みたくて探していたのだけどなぜか絶版で。
高い古書を買うのもなぁとためらっていたところ、なんと、山研の屋根裏で発見。
嬉しい!
というわけで、今ちょっとお借りしています。
(まだ読み始めたばかりですが・・尊敬するハラーが、私がさらに敬愛する槙有恒氏のことを「はじめて、アイガーとヒマラヤとを結びつけた登山家だった」と評していて感激しています。)



さてさて、前置きが長くなりましたが・・山研には自慢の書棚があります。
日本山岳会発行の「山岳」「山」はもちろん、上高地にまつわる資料や、山岳会会員執筆の書籍などなどが収められています。
(なお、正式に委員会からアナウンス予定ですが、会員の方からの資料受け入れについては、一定の制限を設けることになりました。)

山研はれっきとした「研究所」ですので、その名にふさわしい資料を充実させていきたいなぁと、密かに夢見ています。
皆さんにお手に取っていただきやすいような書棚にしていこうと思いますので、ぜひお立ち寄りの際に眺めてみてくださいね。

山研自慢の書棚


山研委員わだこ記

2019年2月4日

今年もMt.乗鞍スキー場

今年も1月末にMt.乗鞍スキー場でコソ練してきました。
1日目は前日に降雪があり、パウダー。2日目はピシッとピステバーンを楽しんできました。

今回は休暇村のお風呂にも連れていってもらいました。無色透明(カルシウム・マグネシウム・炭酸水素塩温泉)です。
湯けむり館は乳白色(単純硫黄温泉)。こちらもいいお湯です。
乗鞍高原には4つ泉質温泉があるそうです。
リフト券に優待券もついています。お風呂も乗鞍高原の魅力。
夏も上高地からの下山時、乗鞍のお風呂まで遠回りすることは私の小さな贅沢の一つです。

冬が年々短くなりつつありますが、乗鞍はまだまだ滑れます!


見習い山研委員 山下