投稿募集

公益社団法人日本山岳会 上高地山岳研究所です。
上高地の四季、さんけんで過ごされる会員の皆さんの様子をお届けします。

投稿大募集!!
「さんけんブログ」に投稿してみませんか?
皆さんの『さんけん』にまつわる楽しい体験を教えてください。
→詳しくはこちら

2018年11月29日

ふたりのアキラ − 松濤明と奥山章

先日上高地が登場する本を読みましたので、ご紹介します。
「ふたりのアキラ」平塚晶人・著(amazonのリンク


著者の平塚さんは、地図読み本でも著名な方で、ご存知の方も多いと思います。
平塚さんご本人を囲んだ読書会があったので、慌てて読み始めたのですが、これが本当におもしろくて・・・夢中になって読み終えました。

ふたりのアキラというのは、大正・戦後を生きた二人のクライマー・松濤明と奥山章のことです。
二人と交流のあった山田美枝子さんという女性と著者の平塚さんの往復書簡という形式で、ふたりの生き様を描き出しています。

松濤明氏は、先鋭的なクライマーでしたが、昭和24年の冬の北鎌尾根で26歳という若さで遭難死します。
松濤さんに淡い恋心を持っていた美枝子さんは、北鎌尾根から下山してきた会えるかもしれない、と期待を寄せて一人で上高地に入りますが、その時彼は亡くなっていたのです・・・。

この二人の関係が、井上靖の小説「氷壁」の魚津恭太と彼を慕う小坂かおるのモデルになったと言われています。

そしてその後、美枝子さんは、第二次RCCを創設した奥山章氏と出会い、結婚して彼が亡くなるまでの7年間を共に暮らします。


二人の「アキラ」は、タイプは違っているようで、それでも不器用ながら、懸命に生きた人たちという印象を持ちました。
(その二人が、また美枝子さんという女性を通して描かれているところがまたいいんです)


ところで、この本のどこに上高地が登場するのかというと・・・松濤さんや奥山さんが滝谷や穂高に向かう度に上高地を通っていますし、また美枝子さんは、若い頃新穂高温泉の旅館で働いていたので、西糸屋や穂高小屋のこと、みんなで安曇節を歌う微笑ましいシーンもあります。

この本は、二人の偉大なクライマーの伝記でもあり、戦前から戦後にかけての山岳史でもあり、青春群像劇でもあり、壮大なヒューマンドラマでもあり・・・。
冬の夜長に、ぜひお手にとってみてください。

読書欲も食欲も止まらない山研委員 わだこ記


2018年11月19日

上高地は閉山しました(11/15閉山式の様子)

毎年11月15日に行われる上高地閉山式は
たいていチラチラと雪が舞ったり寒風が吹いたりするのですが
今年の閉山式は穏やかな快晴に恵まれました。


この秋、穂高には何度か積雪がありましたが
それもすっかり消えてしまっています。
枝先の赤いのはケショウヤナギ。



閉山式の神事



参加者も例年より多かったような気がします。



帰り際に大正池から撮影した穂高。



今シーズンも山研にお越し下さったみなさま、
そして折に触れて励ましてくださったみなさま、
ありがとうございました。
また来シーズンも、どうぞよろしくお願いいたします。

元川







2018年10月29日

秋の徳本峠に行ってきました。

先週10月22日、徳本峠に行ってきました。
先月残念ながら台風で中止になってしまった山研の企画「徳本峠越え」のリベンジを勝手にしてきました。
今回は島々宿から徳本峠を越えて上高地です。島々谷の紅葉はまだまだ楽しめました。
そして島々谷はここ数年で登山道がだいぶ整備されました。こんなにいい道だったかな??と思いながら歩いていました。ご尽力いただいている方々に感謝です。

島々谷は秋の香り。大好きなカツラの木が薫ります。沢沿いによく見られる木です。落ち葉はキャラメルの香りがします。岩魚留小屋のシンボルツリーですね。
葉に霜が付いた日には、太陽が上り霜が解けると一斉にはらはらとすべての葉を落としてしまうことがあるそうです。数年前にさんけんのカツラもそうだったと元川さんが教えてくれました。私もそんな瞬間に遭遇してみたい。






















徳本峠の展望台から明神岳。ココロがとろけてしまう絶景ポイントです。

上高地に下山すると、サルの群れが日向ぼっこしていました。

もちろん、さんけんにお泊り。翌日は明神岳5峰へ素敵なお茶菓子をたくさん持ってお茶会に出かけました。好天の二日間を満喫してきました。
来シーズンこそは秋の徳本峠にご一緒しましょう!

さて、さんけんは昨日、閉所作業を終えました。
上高地の閉山は11月15日。周辺の旅館はまだ営業しています。まだまだ楽しい上高地です。
さんけんは一足早く、小屋閉めさせていただきました。来シーズンの山行計画をニヤニヤと妄想しながら、4月をお待ちください。今シーズンも沢山のご利用ありがとうございました。

見習い山研委員 山下

2018年10月23日

今日の上高地

梓川沿いに黄色い上高地が広がります。
昨日より暖かいですが、お天気は下り坂のようです。





















見習い山研委員 山下

2018年10月22日

オススメお土産☆ビジターセンターの手ぬぐいとお手紙シール

上高地内の売店にはかわいいお土産がたくさん置いてあってワクワクします。
見習い山研委員のお気に入りはビジターセンターの手ぬぐいとお手紙シールです。

手ぬぐい(520円)はクロサンショウウオのモチーフで緑と茶色の2色があります。かな~り悩んだ挙句茶色を購入しました。
自然公園財団企画のお手紙シールはモリアオガエル、オコジョ、ヤマネ、マガモのかわいらしい絵柄です。私は無事にカエルが好きなのでモリアオガエルのシールをヘルメットに貼ったりしています。今回特価の150円でした。

皆さんも是非、お気に入りのお土産を見つけてみてください。

見習い山研委員 山下

今日の上高地

快晴です!カラマツの紅葉もきれいになってきました。
上高地の紅葉はこれから本番。気持ちよく歩けます。

見習い山研委員 山下

2018年10月21日

今の穂高 〜氷点下の朝です〜

(割り込みで現地からの最新情報です)
今朝は無風状態で冷え込んでいます。
7時現在、山研の寒暖計でマイナス3℃です。
昨日の雨は、やはり稜線では雪となっていました。
10月に入ってから穂高は何度か冠雪しましたが、
なかなか写真を撮りには行けませんでした。
今日は日大山岳部OBの方々と一緒に白い穂高を撮ってきました。




晩秋の上高地。
草葉も凍っています。






山研の宿泊利用は10月24日まで、
そして27日と28日に閉所作業を行います。

元川