公益社団法人日本山岳会が運営する上高地山岳研究所(さんけん)のブログです。
四季を通じた上高地・北アルプス周辺の情報や登山報告や、委員の山にまつわる雑感を綴っています。

2019年3月22日

中千丈沢に行ってきました。

今週18日に霞沢岳の中千丈沢に行ってきました。
10年前に発表されたアイスクライミングエリアです。
太兵衛平あたりから

お目当てだったZは氷がつながってなくて、登れませんでした。
でも、かっこいいでしょ?
看板ルート Z

今回は一角獣とジョーズに登りました。もちろんフォローですけど。。。
アプローチもよく、明るくて素敵な場所でした。
先輩の雄姿その壱 一角獣

先輩の雄姿その弐 ジョーズ

















さてさて、開所がもう1カ月後に迫ってきました。毎度、オススメしてしまうのですが、5月6月の上高地は、ニリンソウ、新緑、白い穂高、安定した天候、本当にオススメなんです。
会員の皆さん、計画をちゃんと立ていますか?短い上高地の春をお見逃しないように!
今シーズンも皆様と上高地でお会いできることを楽しみにしています。

見習い山研委員 山下

2019年3月13日

Dear Alison --- 偉大な女性クライマー Alison Hargreavesのこと


引き続き、Tom Ballardにまつわるあれこれについて。

Tomは、現代で最高のクライマーであったと同時に、世界初の女性として単独無酸素エベレスト登頂を成し遂げたAlison Hargreavesの息子としても知られています。
(それ以前の単独無酸素登頂は1980年のメスナー)

Alisonは、33歳の時に1995年5月にエベレストに登頂したその3ヶ月後、次に向かったK2を下山中に悪天候の中、家族を残して命を落としました。遺体は今も見つかっていません。Tomが6歳の時でした。

Alisonと幼い頃のTom、妹のKate(写真はBBCより)


Alisonは若い頃から登山に熱中し、早くから素晴らしいクライマーとしての頭角をあらわしました。
6大北壁をソロで一夏で成功させたり(そして、息子のTomは同じことを2015年に一冬で成し遂げました)、1988年にはTomを妊娠して5.5ヶ月の時に、アイガー北壁にも登っています。

Alisonは、妊娠中にアイガー北壁を登った時も、そしてその死後も英メディアを中心に批判にさらされました。幼い子ども2人を残してエベレストやK2といったリスクの高い登山をしていたからです。
(でも、私は言いたい。男性のクライマーがたとえ
乳幼児を置いて何かに挑戦しても批判されるなんて聞いたことない。)

彼女のモットーは、"It is better to have lived one day as a tiger than a thousand days as a sheep."(1000日を羊のように生きるより、1日を虎のように生きた方がいい)だったといいます。
この言葉は、とてもAlisonらしく、そしてTom Ballardにも受け継がれていたように感じます。

 
最後に、私の好きなビデオ。
(日本語字幕付きのものが見つけられなかったのですが、英語のキャプション付きでぜひ)

"Dream Crazier"  NIKEの広告なんですけど・・


これを見るたびに、私はきっと、Alisonのことを思い出すと思う。

Dear Alison, I admire you so much  as a woman who lived your days as a tiger, and dreamed crazy.



参考記事:BBCウェブサイト
https://www.bbc.com/news/uk-scotland-highlands-islands-47414944 
Rock and Ice記事
https://rockandice.com/climbing-news/memories-of-alison-hargreaves/

山研委員・わだこ記

2019年3月10日

(海外ニュース)英国クライマー Tom Ballardの遺体が発見される

今回は、唐突ですが、ナンガパルパッドでの遭難が報じられていた英国のクライマーTom BallardとイタリアのDaniele Nardiの遺体が発見されたことについて書きます。
(今後、このブログでは、上高地に限らず、山に関することを、特に海外情報も含めてアップしていきたいと思っています。)

BallardとNardiは、ナンガパルパッド登頂を目指していましたが、2月24日以降6300m地点からの交信が途絶えていました。ヘリ捜索は悪天候、それからインドとパキスタン間の国交の事情でなかなか進まず、ドローンの活用も試みられていました。

その後捜索は一度中断されましたが、とうとう昨日、上空から2人の遺体のシルエットが確認されました。(現時点でまだ遺体は回収されていません。)
https://www.bbc.com/news/uk-england-derbyshire-47509067
(写真はBBCウェブサイトより。Tom(左)、Daniele(右)

Tom Ballardは、2015年にヨーロッパアルプスの6大北壁をソロで、それも一冬で成功したクライマー、Daniele Nardiも、何度も冬のNanga Parpat登頂を目指していた著名なクライマーでした。

ご遺族や仲間の気持ちを思うと、言葉になりません。
心からご冥福をお祈りします。

今回の件で、海外メディア、特に英国メディアの報道姿勢には少し驚きました。
特にBBCやGuardianは連日捜索のアップデート情報を報道しており、英国の登山文化の一端を垣間見たように思います。
日本人クライマーが同じように遭難していたら、日本のメディアはどう報道していたかしら。


山研委員・わだこ記

2019年2月24日

山研の本棚

だいぶ久しぶりのブログになってしまいました。

最近の私はというと、ちょっと、けがをしまして、家で過ごすことが多くなっています。
山に行きたいけれど・・時には家でのんびり過ごすのも、なかなか気に入っております。
音楽を聴いたり映画を観たり、本を読んだり。

今は、ハインリヒ・ハラーの「白いクモ」を読んでいます。
ハインリヒ・ハラーは、言わずと知れたアイガー北壁の初登頂者であり、「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の作者でもあります。

私は、山岳会に入る前から「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の映画が大好きで・・・原作はもっとおもしろいよ、と、山研委員の先輩に教えてもらい読んでからハラーの大ファンになりました。(「セブン・イヤーズ・イン・チベット」は映画ではチベットでの日々がメインに描かれていますが、そこに至るまでの経緯は、個人レベルでは20世紀最大の冒険だと私は思っています!)


で、この白いクモも、ずっと読みたくて探していたのだけどなぜか絶版で。
高い古書を買うのもなぁとためらっていたところ、なんと、山研の屋根裏で発見。
嬉しい!
というわけで、今ちょっとお借りしています。
(まだ読み始めたばかりですが・・尊敬するハラーが、私がさらに敬愛する槙有恒氏のことを「はじめて、アイガーとヒマラヤとを結びつけた登山家だった」と評していて感激しています。)



さてさて、前置きが長くなりましたが・・山研には自慢の書棚があります。
日本山岳会発行の「山岳」「山」はもちろん、上高地にまつわる資料や、山岳会会員執筆の書籍などなどが収められています。
(なお、正式に委員会からアナウンス予定ですが、会員の方からの資料受け入れについては、一定の制限を設けることになりました。)

山研はれっきとした「研究所」ですので、その名にふさわしい資料を充実させていきたいなぁと、密かに夢見ています。
皆さんにお手に取っていただきやすいような書棚にしていこうと思いますので、ぜひお立ち寄りの際に眺めてみてくださいね。

山研自慢の書棚


山研委員わだこ記

2019年2月4日

今年もMt.乗鞍スキー場

今年も1月末にMt.乗鞍スキー場でコソ練してきました。
1日目は前日に降雪があり、パウダー。2日目はピシッとピステバーンを楽しんできました。

今回は休暇村のお風呂にも連れていってもらいました。無色透明(カルシウム・マグネシウム・炭酸水素塩温泉)です。
湯けむり館は乳白色(単純硫黄温泉)。こちらもいいお湯です。
乗鞍高原には4つ泉質温泉があるそうです。
リフト券に優待券もついています。お風呂も乗鞍高原の魅力。
夏も上高地からの下山時、乗鞍のお風呂まで遠回りすることは私の小さな贅沢の一つです。

冬が年々短くなりつつありますが、乗鞍はまだまだ滑れます!


見習い山研委員 山下

2018年12月20日

ライチョウさん、いらっしゃい - 張り子の雷鳥を作ってみました


上高地から北アルプスの山を歩いている時に、ライチョウを見かけたことがある方は多いと思います。
人間を見ても逃げることもなく、愛らしい姿を見せてくれるライチョウたち。


・・・なーんて、しおらしく書いてみましたが、私が初めてライチョウを見た時の感想は、、
なーんかどんくさいし、変な色だし(夏毛)、みんなが言うほど大して可愛くない

あぁあぁ、すみません!本当のことを言って!(え?

でも、そんなライチョウちゃんたちが、山で見かけるたびにどんどん愛おしく感じられ、いつしか彼らの虜になってしまっていた最近の私。

そんなある日・・山岳会のルームにライチョウちゃんがやって来ました!


きゃあ、かわいい♡
・・・むむ、これは、作り物じゃない?あ、本物のわけないですね。

ほほぅ、いらない紙を使った張り子なんですって??どおりで、持ってみたら軽い!

私も作りたーい!先輩、作り方を教えてくださーい!
というわけで、JAC自然保護委員会委員長のK女史にご指導いただくことになりました。

以下レポートします。皆さんも気が向いたら作ってみてください。

材料:
型(紙粘土で作ったもの)
いらない紙
糊(昔ながらのチューブに入った糊)
カッター・絵の具

作り方:
***作業に集中していたので、写真のクオリティが低いのはご愛嬌

①型の周りにラップを巻いて、いらない紙(郵送物が入っていた封筒を使いました。厚めの紙がいいみたいです)を糊
で貼り付けていきます。

↓型にラップを巻いたところ


②ペタペタ・・・3回ほど貼ります。


③乾かします
ドライヤーを使うと少し早いかもしれません。



↓待っている間に、みかんを食べて一休み


④完全に乾いたら、体半分に切れ込みを入れて、型を取り出します。
結構ざっくり切り込みを入れます。





⑤さらに紙を貼っていきます。(3回!)



⑥最後に、仕上げの和紙を貼ると、色も質感も整っていい感じです。

⑦また乾かして、好きな色を塗って、出来上がり!



これのいいところは、①簡単でペタペタ紙を貼っていく作業も楽しい、②いらない紙を使うので自然環境を考えるきっかけにもなる、ところ。
お子さんの冬休みの自由工作に、いかがでしょう?
型を取り出すのがちょっと気力が必要でしたが・・・(あと、カッターを使うので、小さいお子様は大人にやってもらいましょうね!)

出来上がったライチョウちゃん。クリスマスバージョンです。
まだ色を塗る前の親子です。夏毛は色を塗るのが難しそうだから、真っ白な冬毛にしようかな?







不器用だけど一生懸命山研委員・わだこ記




2018年11月29日

ふたりのアキラ − 松濤明と奥山章

先日上高地が登場する本を読みましたので、ご紹介します。
「ふたりのアキラ」平塚晶人・著(amazonのリンク


著者の平塚さんは、地図読み本でも著名な方で、ご存知の方も多いと思います。
平塚さんご本人を囲んだ読書会があったので、慌てて読み始めたのですが、これが本当におもしろくて・・・夢中になって読み終えました。

ふたりのアキラというのは、大正・戦後を生きた二人のクライマー・松濤明と奥山章のことです。
二人と交流のあった山田美枝子さんという女性と著者の平塚さんの往復書簡という形式で、ふたりの生き様を描き出しています。

松濤明氏は、先鋭的なクライマーでしたが、昭和24年の冬の北鎌尾根で26歳という若さで遭難死します。
松濤さんに淡い恋心を持っていた美枝子さんは、北鎌尾根から下山してきた会えるかもしれない、と期待を寄せて一人で上高地に入りますが、その時彼は亡くなっていたのです・・・。

この二人の関係が、井上靖の小説「氷壁」の魚津恭太と彼を慕う小坂かおるのモデルになったと言われています。

そしてその後、美枝子さんは、第二次RCCを創設した奥山章氏と出会い、結婚して彼が亡くなるまでの7年間を共に暮らします。


二人の「アキラ」は、タイプは違っているようで、それでも不器用ながら、懸命に生きた人たちという印象を持ちました。
(その二人が、また美枝子さんという女性を通して描かれているところがまたいいんです)


ところで、この本のどこに上高地が登場するのかというと・・・松濤さんや奥山さんが滝谷や穂高に向かう度に上高地を通っていますし、また美枝子さんは、若い頃新穂高温泉の旅館で働いていたので、西糸屋や穂高小屋のこと、みんなで安曇節を歌う微笑ましいシーンもあります。

この本は、二人の偉大なクライマーの伝記でもあり、戦前から戦後にかけての山岳史でもあり、青春群像劇でもあり、壮大なヒューマンドラマでもあり・・・。
冬の夜長に、ぜひお手にとってみてください。

読書欲も食欲も止まらない山研委員 わだこ記