投稿募集

公益社団法人日本山岳会 上高地山岳研究所です。
上高地の四季、さんけんで過ごされる会員の皆さんの様子をお届けします。

投稿大募集!!
「さんけんブログ」に投稿してみませんか?
皆さんの『さんけん』にまつわる楽しい体験を教えてください。
→詳しくはこちら

2018年7月6日

ウエストンと嘉門次

ウォルター・ウエストンーーー。
「日本の近代登山の父」として、あまりにも有名な人ではありますが、どんな人だったのか、ご存知でない方も多いのではないでしょうか。
私も槍・穂高に登って日本アルプスを海外に紹介した人、というざっくりした認識しかありませんでした。
なぜ、このイギリス人のレリーフを上高地に飾り、毎年彼の名前を冠するイベント(ウエストン祭)を行うのか―――。

本日は、先日のウエストン祭にて、菊地俊朗氏が記念講演にてご紹介くださった「ウォルター・ウエストンと上條嘉門次」について、書きたいと思います。
著者は、上條久枝氏。言わずと知れた嘉門次小屋4代目女将さんです。
目指せインスタ映え


本書は、ウエストンの著書を通じて彼の足跡を丁寧にたどり、当時の歴史背景と登山事情を踏まえて、彼の功績や人となりをまとめており、私の疑問に答えてくれています。

さて、ウォルターウエストンは、1861年、イギリスのダービーに生まれ、宣教師として日本に3度滞在しました。(1888-18941902-19051911-1915年)

当時の日本では、アーネスト・サトウが「日本旅行案内」を発表して、いわゆる「お雇い外国人」が日本国内を旅したり登山を始めた頃でした。
イザべラ・バードの「日本奥地紀行」もすでに出版されています(1880年)。

ウエストンはヨーロッパでもモンブランに登頂するなどのクライマーで、日本でも山に登ることを楽しみにしていたようです。
滞在中は、「お、お仕事の方は大丈夫ですか?」と心配になるくらい、飛騨山脈を中心に、せっせと山に登り、旅をしました。
1回目の来日時には槍ヶ岳や穂高、富士山や針ノ木峠越え、2回目は南アルプスを中心に、3回目は夫人とともに奥穂高岳南陵ルートや劔岳、などなどなどなど。ウエストンが初登頂した日本の山・ルートはたくさんあります。

最初の来日から一度帰国した際は、「MOUNTAINEERING AND EXPLORATION IN THE JAPANESE ALPS」(日本アルプスの登山と探検)を英国で出版し、大きな話題を呼びました。

今の登山と違い、交通も登山道も装備も整っていないし、なんなら地図もありません(嘉門次が、ウエストンの直前に測量士を連れて前穂に登っています)
ウエストンはある程度日本語ができたようですが、それでも、不自由は多かったはず。彼の積極的な山行は、冒険的な側面も多分にあったことが感じとれます。

ウエストンは、「趣味/楽しみとしてrecreational」の登山を日本で始めた人、とよく説明されます。それ以前は、日本人にとっての山とは、信仰の対象、または生活の場でした。
たとえば、印象に残ったのが笠ヶ岳登山のくだり。彼は、槍ヶ岳から笠ヶ岳をみてその形に心惹かれ、どうしても登りたくなったようです。(播隆上人が笠から槍を見たのとちょうど逆ですね。)
地元の人にガイドを頼むと、「みんな雨乞いに出払っている」、「外国人が山に入るとたたられる」と何度も断られます。
あきらめきれないウエストンは翌年もトライして、再度地元の人と一悶着した後、3年越しに執念の登頂を果たします。
(そして、その「真相」については、ぜひ本書をご一読ください。)


そして、本書のもう一人の主役である、上高地が生んだスター、上條嘉門次。知れば知るほどに本当にかっこいいです・・・♡
嘉門次が現代に生きていたら、どんな登山をしていただろう?と想像が膨らみます。
嘉門次についての出版物はあまり多くないと思いますので、その意味でも本書は貴重な資料なのではないでしょうか。
嘉門次とウエストンという二人の山男の間の、国境を超えた友情についても描かれていますが、うるっとするものがありました。 

オススメの一冊です!

山研新米委員・わだこ記


2018年7月1日

梅雨明け?の上高地から季節のお便り

関東甲信地方が早くも梅雨明けしたとのことですが、
都会のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。
「暑くてもう無理!」でしたら
涼みにいらっしゃいませんか?

上高地も信州の一角ではありますが、
お天気のうつろいは新潟や岐阜に近いので
梅雨明けしたと言ってもまだどことなく梅雨らしい雰囲気が残っています。

そして先日のまとまった雨で梓川はまだ少し増水気味です。
でもこのくらい深いと青さも一層際立ちますね。
さすがに気温が上がってきているので、
川遊びの人もちらほらと見られるようになりました。


今日はケショウヤナギの柳絮が多く舞っています。
鼻や目に入りそうです。




木の幹に絡みついたツルアジサイは、純白の花を咲かせています。


比較的お客さんの少ないこの時期は、
道端の草刈りも念入りに進められます。
道幅を確保するばかりでなく、
熊さんと人が不用意に出くわさないための緩衝帯にもなるわけです。


それでも今が盛りのニッコウキスゲやヤマオダマキは
刈らずに残してくれてありました。




山研周辺もすっかり草に覆われてきたので
数日前から草刈りを始めました。
イラクサを食草としているコヒオドシ(高山蝶) の幼虫を、
刈らないエリアのイラクサへと引っ越しさせながらの草刈りです。


昨年はこんなにたくさんいたかな?と思うほどの数です。
このうちのどれくらいが無事に蛹になってくれるでしょう。
・・・というより、そもそもどこで蛹になるつもりだ??

今夏はこの子たちの観察に夢中になりそうです。

管理人 元川


2018年6月24日

さんけんゴミ処理のススメ

山研ではご利用の会員の皆様にお一人一泊100円を生ゴミ処理代としていただいています。
しかしながら、すべてのゴミをお預かりすることはできません。
ビン・缶・ペットボトル・段ボールはお持ち帰りいただいています。


炊事で出たゴミについては山研で処理いたしますので、ゴミの分別にご協力ください。


上高地はいつも美しく、気の知れた仲間、家族と過ごす夜はこの上なく楽しく、貴重な時間です。だからこそ、上高地という特別な場所でのゴミの取り扱いについて考えてみましょう。

◎沢渡まで入るとゴミを捨てられる場所はありません。もちろん、上高地内もありません。
◎食材を宅配便で送られる場合、その量は多すぎていませんか?
   残った場合、持ち帰ることを考慮していますか?その段ボールについても考慮していますか?
◎お酒のビン・缶を持ち帰る用意をしていますか?
◎ゴミが少なくなるように、外装を外すなどの工夫をしてみましょう。


山研の使い方、正直、面倒に思われることも沢山あります。でも1~2回ご利用いただければ、楽しく過ごせるコツはすぐに掴めます。
ご不安に思われることがありましたら、お気軽に山研委員会または管理人にお問い合わせください。会員の皆様のご利用心からお待ちしています。

山研委員 山下

2018年6月22日

今日の明神岳

雨上がりの快晴。
植物たちも、サルたちも元気いっぱいです。
山研委員 山下

2018年6月21日

今日の穂高岳

西穂丸山から穂高連峰。だんだん晴れてきました。
山研委員 山下

2018年6月20日

スケッチノススメ-上高地の優雅な過ごし方

先日、上高地にいったときのことです。
山形大学OGKさんもスケッチクラブの活動でちょうど上高地にいらっしゃったので、お昼をご一緒させていただくことになりました。

訪ねたのは、白樺荘のレストラン。
洗練されたテラス席がまるで南仏リゾートのよう♡、と、通りかかるたびに思っていたのでいつか行ってみたかったのです。

パラソルの下で穂高を眺めながら、おいしいランチ。
あぁ、なんて贅沢なんでしょう。


食後、お話をしていたら、Kさんがおもむろに、画用紙と画材を取り出し、描いてみる?と。

「え」

小さい頃から、とにかく絵に苦手意識が強い私は、固まりました。

が、Kさんが下手でいいのよ!と背中を押してくださったので描いてみることに。
(なお、席を待っているお客さんがいないことを確認し、レストランの方に許可を得て長居しております)

まずは、自分が描きたいと思う範囲を決めます。大きくとらえて、どんどん描いちゃうのがコツ、とのこと。
なるほど。。とはいえ、分かっていても、ちまちまと細部にこだわってしまう。。

スケッチしている間は、とにかく無心になって山をよ~く観察しているので、今までにないくらい山とじっくり向き合えた気がしました。

で、何度かトライした後の私のスケッチです。Kさんにずいぶん助けていただいて形になりました。テーマは、「いつか歩いてみたいなジャンダルム」




紙とペンだけでできるので、次に山に行ったらやってみようかな?(色は下山してからつければOK!)

スケッチ、とっても楽しくておすすめです。だまされたと思ってやってみてね!

新米山研委員わだこ・記


2018年6月9日

今日の岳沢湿原〜レンゲツツジが満開です〜

岳沢湿原でレンゲツツジが開花しています。



今日は穂高も見えています。



新緑はもう少しで六百山の上部に到達。



今日はカモも見当たらず、水は静かに流れます。




足元にはマイヅルソウ。



初夏の雰囲気漂う、梅雨の晴れ間の上高地です。(元川)