投稿募集

公益社団法人日本山岳会 上高地山岳研究所です。
上高地の四季、さんけんで過ごされる会員の皆さんの様子をお届けします。

投稿大募集!!
「さんけんブログ」に投稿してみませんか?
皆さんの『さんけん』にまつわる楽しい体験を教えてください。
→詳しくはこちら

2018年7月6日

ウエストンと嘉門次

ウォルター・ウエストンーーー。
「日本の近代登山の父」として、あまりにも有名な人ではありますが、どんな人だったのか、ご存知でない方も多いのではないでしょうか。
私も槍・穂高に登って日本アルプスを海外に紹介した人、というざっくりした認識しかありませんでした。
なぜ、このイギリス人のレリーフを上高地に飾り、毎年彼の名前を冠するイベント(ウエストン祭)を行うのか―――。

本日は、先日のウエストン祭にて、菊地俊朗氏が記念講演にてご紹介くださった「ウォルター・ウエストンと上條嘉門次」について、書きたいと思います。
著者は、上條久枝氏。言わずと知れた嘉門次小屋4代目女将さんです。
目指せインスタ映え


本書は、ウエストンの著書を通じて彼の足跡を丁寧にたどり、当時の歴史背景と登山事情を踏まえて、彼の功績や人となりをまとめており、私の疑問に答えてくれています。

さて、ウォルターウエストンは、1861年、イギリスのダービーに生まれ、宣教師として日本に3度滞在しました。(1888-18941902-19051911-1915年)

当時の日本では、アーネスト・サトウが「日本旅行案内」を発表して、いわゆる「お雇い外国人」が日本国内を旅したり登山を始めた頃でした。
イザべラ・バードの「日本奥地紀行」もすでに出版されています(1880年)。

ウエストンはヨーロッパでもモンブランに登頂するなどのクライマーで、日本でも山に登ることを楽しみにしていたようです。
滞在中は、「お、お仕事の方は大丈夫ですか?」と心配になるくらい、飛騨山脈を中心に、せっせと山に登り、旅をしました。
1回目の来日時には槍ヶ岳や穂高、富士山や針ノ木峠越え、2回目は南アルプスを中心に、3回目は夫人とともに奥穂高岳南陵ルートや劔岳、などなどなどなど。ウエストンが初登頂した日本の山・ルートはたくさんあります。

最初の来日から一度帰国した際は、「MOUNTAINEERING AND EXPLORATION IN THE JAPANESE ALPS」(日本アルプスの登山と探検)を英国で出版し、大きな話題を呼びました。

今の登山と違い、交通も登山道も装備も整っていないし、なんなら地図もありません(嘉門次が、ウエストンの直前に測量士を連れて前穂に登っています)
ウエストンはある程度日本語ができたようですが、それでも、不自由は多かったはず。彼の積極的な山行は、冒険的な側面も多分にあったことが感じとれます。

ウエストンは、「趣味/楽しみとしてrecreational」の登山を日本で始めた人、とよく説明されます。それ以前は、日本人にとっての山とは、信仰の対象、または生活の場でした。
たとえば、印象に残ったのが笠ヶ岳登山のくだり。彼は、槍ヶ岳から笠ヶ岳をみてその形に心惹かれ、どうしても登りたくなったようです。(播隆上人が笠から槍を見たのとちょうど逆ですね。)
地元の人にガイドを頼むと、「みんな雨乞いに出払っている」、「外国人が山に入るとたたられる」と何度も断られます。
あきらめきれないウエストンは翌年もトライして、再度地元の人と一悶着した後、3年越しに執念の登頂を果たします。
(そして、その「真相」については、ぜひ本書をご一読ください。)


そして、本書のもう一人の主役である、上高地が生んだスター、上條嘉門次。知れば知るほどに本当にかっこいいです・・・♡
嘉門次が現代に生きていたら、どんな登山をしていただろう?と想像が膨らみます。
嘉門次についての出版物はあまり多くないと思いますので、その意味でも本書は貴重な資料なのではないでしょうか。
嘉門次とウエストンという二人の山男の間の、国境を超えた友情についても描かれていますが、うるっとするものがありました。 

オススメの一冊です!

山研新米委員・わだこ記


2018年7月1日

梅雨明け?の上高地から季節のお便り

関東甲信地方が早くも梅雨明けしたとのことですが、
都会のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。
「暑くてもう無理!」でしたら
涼みにいらっしゃいませんか?

上高地も信州の一角ではありますが、
お天気のうつろいは新潟や岐阜に近いので
梅雨明けしたと言ってもまだどことなく梅雨らしい雰囲気が残っています。

そして先日のまとまった雨で梓川はまだ少し増水気味です。
でもこのくらい深いと青さも一層際立ちますね。
さすがに気温が上がってきているので、
川遊びの人もちらほらと見られるようになりました。


今日はケショウヤナギの柳絮が多く舞っています。
鼻や目に入りそうです。




木の幹に絡みついたツルアジサイは、純白の花を咲かせています。


比較的お客さんの少ないこの時期は、
道端の草刈りも念入りに進められます。
道幅を確保するばかりでなく、
熊さんと人が不用意に出くわさないための緩衝帯にもなるわけです。


それでも今が盛りのニッコウキスゲやヤマオダマキは
刈らずに残してくれてありました。




山研周辺もすっかり草に覆われてきたので
数日前から草刈りを始めました。
イラクサを食草としているコヒオドシ(高山蝶) の幼虫を、
刈らないエリアのイラクサへと引っ越しさせながらの草刈りです。


昨年はこんなにたくさんいたかな?と思うほどの数です。
このうちのどれくらいが無事に蛹になってくれるでしょう。
・・・というより、そもそもどこで蛹になるつもりだ??

今夏はこの子たちの観察に夢中になりそうです。

管理人 元川


2018年6月24日

さんけんゴミ処理のススメ

山研ではご利用の会員の皆様にお一人一泊100円を生ゴミ処理代としていただいています。
しかしながら、すべてのゴミをお預かりすることはできません。
ビン・缶・ペットボトル・段ボールはお持ち帰りいただいています。


炊事で出たゴミについては山研で処理いたしますので、ゴミの分別にご協力ください。


上高地はいつも美しく、気の知れた仲間、家族と過ごす夜はこの上なく楽しく、貴重な時間です。だからこそ、上高地という特別な場所でのゴミの取り扱いについて考えてみましょう。

◎沢渡まで入るとゴミを捨てられる場所はありません。もちろん、上高地内もありません。
◎食材を宅配便で送られる場合、その量は多すぎていませんか?
   残った場合、持ち帰ることを考慮していますか?その段ボールについても考慮していますか?
◎お酒のビン・缶を持ち帰る用意をしていますか?
◎ゴミが少なくなるように、外装を外すなどの工夫をしてみましょう。


山研の使い方、正直、面倒に思われることも沢山あります。でも1~2回ご利用いただければ、楽しく過ごせるコツはすぐに掴めます。
ご不安に思われることがありましたら、お気軽に山研委員会または管理人にお問い合わせください。会員の皆様のご利用心からお待ちしています。

山研委員 山下

2018年6月22日

今日の明神岳

雨上がりの快晴。
植物たちも、サルたちも元気いっぱいです。
山研委員 山下

2018年6月21日

今日の穂高岳

西穂丸山から穂高連峰。だんだん晴れてきました。
山研委員 山下

2018年6月20日

スケッチノススメ-上高地の優雅な過ごし方

先日、上高地にいったときのことです。
山形大学OGKさんもスケッチクラブの活動でちょうど上高地にいらっしゃったので、お昼をご一緒させていただくことになりました。

訪ねたのは、白樺荘のレストラン。
洗練されたテラス席がまるで南仏リゾートのよう♡、と、通りかかるたびに思っていたのでいつか行ってみたかったのです。

パラソルの下で穂高を眺めながら、おいしいランチ。
あぁ、なんて贅沢なんでしょう。


食後、お話をしていたら、Kさんがおもむろに、画用紙と画材を取り出し、描いてみる?と。

「え」

小さい頃から、とにかく絵に苦手意識が強い私は、固まりました。

が、Kさんが下手でいいのよ!と背中を押してくださったので描いてみることに。
(なお、席を待っているお客さんがいないことを確認し、レストランの方に許可を得て長居しております)

まずは、自分が描きたいと思う範囲を決めます。大きくとらえて、どんどん描いちゃうのがコツ、とのこと。
なるほど。。とはいえ、分かっていても、ちまちまと細部にこだわってしまう。。

スケッチしている間は、とにかく無心になって山をよ~く観察しているので、今までにないくらい山とじっくり向き合えた気がしました。

で、何度かトライした後の私のスケッチです。Kさんにずいぶん助けていただいて形になりました。テーマは、「いつか歩いてみたいなジャンダルム」




紙とペンだけでできるので、次に山に行ったらやってみようかな?(色は下山してからつければOK!)

スケッチ、とっても楽しくておすすめです。だまされたと思ってやってみてね!

新米山研委員わだこ・記


2018年6月9日

今日の岳沢湿原〜レンゲツツジが満開です〜

岳沢湿原でレンゲツツジが開花しています。



今日は穂高も見えています。



新緑はもう少しで六百山の上部に到達。



今日はカモも見当たらず、水は静かに流れます。




足元にはマイヅルソウ。



初夏の雰囲気漂う、梅雨の晴れ間の上高地です。(元川)



2018年6月5日

第72回ウエストン祭に参加しました

6月3日に上高地でこれ以上にないというくらいの晴天のもと、第72回ウエストン祭が日本山岳会信濃支部主催で開催されました。参加してまいりましたので、その様子をご報告します。

日本山岳会・小林会長の挨拶に始まり、


安曇小学校の児童の皆さんが、恒例の「ウエストンの歌」「エーデルワイス」(リコーダー演奏)などを発表してくれました。澄んだ声が上高地に響きます。私がウエストン祭で一番楽しみにしている時間です。


今年の記念講演は、山岳ジャーナリストの菊地俊朗氏による「地元目線で見た上高地」。
「槍ヶ岳とともに 穂苅家三代と山荘物語」他、著書が多数あり、上高地の歴史や事情に精通していらっしゃいます。テーマの通り、江戸時代から現代の上高地が抱える問題など、多面的にお話しくださいました。




ところで、ウエストン祭に参加したら、ぜひ記念品を買いましょう!

手ぬぐいと木彫りのお花のブローチのセット(1000円)になっていて、会場や、朝は河童橋の近くで信濃支部のみなさんが販売してくださっています。

今年の手ぬぐいは、穂高。かっこいいデザインに一目惚れです。

木彫りのブローチも。一つ一つ手作りなんですって!今年のお花はトモエソウです。先輩の真似っこをして帽子につけてみました。とーーーってもお気に入り。帽子に黄色が映えるでしょう??



こちらが、式典会場にあるウエストンのレリーフ。




この記念品とともにいただいた紙にウエストン祭の起こりの説明が書いてありましたので、少しご紹介したいと思います。

1937年8月、最初のレリーフが、ウエストンの功績を讃えて日本山岳会の発案で取り付けられます。
しかし、その僅か5年後の1942年、太平洋戦争のさなかで敵対国イギリスの登山家の像は、軍の圧力により取り外しを余儀なくされました。12月の雪の中取り外され、その後は当時虎ノ門にあった山岳会ルームに保管されていましたが、1945年の東京大空襲で一部焼損してしまいました。
なんだか、当たり前のように存在しているので、いつもレリーフを素通りしてしまっていましたが・・・。受難の歴史があったのですね。
上高地の厳しい自然に耐え、いつも山へ向かう私たちを見守ってくれているウエストン。

そのレリーフが上高地に戻ったのは終戦後の1947年6月14日のことです。
そして、この復旧式が現在のウエストン祭の起こりなのだそうです。この時から、現在に到るまで毎年恒例となった記念講演が始まったとのこと。
現在の形で徳本峠越えに続き6月の第1日曜日の10時に碑前祭が行われるように定まったのは、奇しくもウエストン生誕からちょうど100年がたった1961年(第15回)のことでした。

なお、ここではかなりざっくりとご紹介しましたが、日本山岳会及び信濃支部のあゆみと重なる部分も多くあり大変興味深い内容です。ご関心のある方は、ぜひ信濃支部へお問い合わせいただければと思います。


新米山研委員 わだこ記

2018年6月4日

飛騨新道を歩いてきました

先月末5月29日に飛騨新道から蝶が岳に登ってきました。

松本平から三郷スカイライン、鍋冠林道、冷沢用水から登山道です。北アルプス1、2を争うマイナールートだと思っていましたが、道幅もあり、よく整備された素敵な登山道でした。北アルプスの稜線までこの楽ちんな傾斜で登れてしまうところはそうないと思います。

この飛騨新道は三郷小倉村から大滝山を経て上高地、そして飛騨へ向かう牛馬も通行できる峠道だったそうです。播隆上人もこの飛騨新道を経て槍ヶ岳に初登頂しています。ただ、飢饉や道の損傷などで使われていたのはたった26年ほどだそう。意外にも立派な道である理由はこのようなことらしいです。
薄曇りの一日。槍穂の稜線が綺麗でした。蝶が岳ヒュッテのトイレの「流さないでね」サインがとってもかわいかったのでパチリ。


私は車の都合で三股に下山してしまいましたが、正統派JAC会員の皆さんは、上高地に下山。さんけんに遊びに来てくださいね。

見習い山研委員 山下

2018年5月29日

今日の槍穂

薄曇りですが、稜線はきれいに見えました。やっぱり北アルプス!
今週末は徳本峠越えとウェストン祭です。参加者の皆さま、がんばれ~!!
見習い山研委員 山下



2018年5月16日

クイズ:上高地の飲用水はどこから来ているでしょう?

初めて上高地に行ったとき、私が最も感動したのは、梓川をはじめとする水の美しさです。
水が透き通っていて・・



河童橋から小梨平に向かう途中の清水川

日本一汚染が進んでいるといわれていた沼のほとり(さて、どこでしょう?)で育った私は、川の底が見える~!と橋の上から川を見下ろしてははしゃいだものです。


さて、今日の本題です。
皆さんが上高地で使われている生活用水はどこから来ているか、ご存知ですか?
 山研委員の先輩に教えていただきました。

ヒント
上高地には、浄水施設はありません。
下水処理場である上高地浄水センターがあるのみです。


大正池近くにある浄水センター
って、あんまりヒントになってないやいΣ\( ̄ー ̄;)

正解はここ!

じゃじゃーん!六百山です! (六百山について、山下先輩の記事: 上高地の門番六百山



六百山に降り注いだ雨が地下水となり、この透き通った清水川に流れ出ていた水を取水して使っているのだそうです。美しい水が保たれている上高地では、天然の湧水をそのまま飲用しているのですね。


私がなんて美しい川なんだろう!と感激した川の水を飲んでいたなんて。上高地の自然の恵みをいただいていることに感動を新たにしたと同時に、これだけ多くの登山客・観光客がいても水を絶やすことのない六百山の懐の深さにびっくりしました。

上高地は、とても便利なので、自然の中にいるという感覚がうっかりなくなる時がありますが・・・、大事な限りある天然資源を使わせてもらっていることを、忘れないでいようと心に誓ったのでした。


新米山研委員わだこ記


2018年5月6日

今日の穂高〜柳の新緑が鮮やかです〜

昨日までは雪やら強風やらで荒れた上高地でしたが
今朝はスッキリと穏やかに晴れました。
大きなザックを背負った登山者グループが、
今日はこの穂高に見送られながら次々と上高地を下って行きます。




河童橋周辺は芽吹きの早い化粧柳の黄緑が美しく目を引きます。
(小さな花もたくさんぶら下がっています)



焼岳側はこんなかんじです。
左岸のカラマツもほんのり緑がかってきました。



異国の言葉が飛び交う河童橋から、
GW最終日のレポートでした。(元川)

2018年5月4日

雪が降りました

暑い暑いと言っていた開所の頃が嘘のように、
今朝は未明から雪が降り出しました。
上高地では積雪1㎝程度でしょうか。









岳沢小屋のブログによると、上方は10㎝以上の積雪になるようです。

冬と初夏とを行きつ戻りつの気候に、少々戸惑い気味の上高地ライフです。(元川)

2018年4月29日

FAX番号変更のお知らせ

現在FAXで使用している番号を5月末で廃止し、6月1日より電話番号と共用いたします。
ご迷惑をお掛けしますが、登録の変更をお願いいたします。

電話・FAX共通 0263-95-2533


山研委員会

2018年4月28日

徳本峠越えとウェストン祭のお誘い


新入会員の皆さま

JACの仲間とウォルター・ウェストンの足跡をたどり、山研の宿泊を体験してみませんか?

新緑の島々谷から残雪の徳本峠越えて上高地に入ります。二輪草のお花畑や山芍薬を見ることができます。徳本峠からの明神岳も絶品です。
上高地では山研に1泊し、翌日「碑前祭」に参加します。

新入会員の仲間づくりを手助けする企画ですが、新入会員以外の会員も参加できます。







日程: 2018年6月2日(土)~6月3日(日)
費用: 12,000円(1泊2食、午餐会会費、記念品代、傷害保険料)
    ※5月19日以降のキャンセルは、実費3,000円を申し受けます。
定員: 20名(29年度入会の会員、および本会会員の希望者)
申込: jac-sanken@jac.or.jp 5月12日(土)まで。会報「山」4月号参照。 
※現地集合・解散
※申込者に詳細を送ります。    



スケジュール
6月2日(土) 「徳本峠越え」
◆集合     午前5時30分 松本電鉄バス「島々宿」バス停近くの集会場
        山研委員会受付で受付後、朝食(各自用意)、登山準備を済ませてください。
       (注)ウェストン祭参加記念品(手拭いとブローチ)は山研でお渡しします。
◆出発式    午前6時00分
        ・式典後、山研隊のリーダーおよび各担当者紹介。
        ・登山開始。昼食も各自用意してください。
◆山研到着   午後5時00分頃予定。 部屋割り後、交代で入浴。
◆夕食・懇親会 午後6時30分~9時00分(食後に入浴も可能です)
◆消灯・就寝  午後10時00分

6月3日(日) 「第72回ウェストン祭」と「午餐会」
◆朝食     午前7時00分~8時00分
                      ・食後は全員で寝具の片付け、部屋の清掃をお願いします。
◆集合     午前9時30分 山研玄関前
                       ・記念撮影後碑前祭会場に移動。
◆碑前祭    午前10時00分~11時00分
◆午餐会    午後12時00分~午後1時30分(バス時間などの途中退席も可)

◎装備   無雪期の一般登山用具
                念のためスパッツ、ストック、軽アイゼンの用意をお勧めします。
◎参考   1)首都圏から新宿発「さわやか信州号」が便利です。
                2)前日に宿泊の場合は、各自で手配願います。松本電鉄新島々駅前に旅館があります。
                3)早朝につき「新島々駅」から「島々宿」への路線バスはありません。
       各自タクシーを手配頂くか、徒歩(約3.6km、1時間前後)でお越しください。
     ※交通、前日の宿泊は早めの手配をお勧めします。   

第50回上高地開山祭が開催されました(4月27日)/ The 50th Kamikochi Kaizansai on Apr 27, 2018

Update on May 9, 2018: I added summary of English translation (not always correspondent with original)

雪どけが早く、ニリンソウの開花情報もチラホラと聞こえてくる上高地で
今年も開山祭が賑やかに開かれました。
The 50th Kamikochi Kaizansai (開山祭) which is a mountain opening festival took place on April 27th.



カメラを片手に河童橋へとやってきた時には既にたくさんの人人人・・・
かき分けながらやっとのことで橋を渡ってアルプホルンの演奏を撮影。
When I arrived at Kappabashi-Bridge with a camera in hand, there were already so many people…
I finally could took a photo of Lederhosen-clad Japanese Alpen horn players.




横尾山荘ご主人の山田さん(北アルプス山小屋友交会会長)は流暢な英語でのご挨拶。
海外からのお客様に対するおもてなしの心が伝わりました。

Mr. Yamada, owner of Yokoo Hut made a speech in English to be welcome guests from overseas.




撮影スポットを求めてウロウロしてみるものの、
腕をいっぱいに伸ばしても撮れるのは皆さんの頭ばかり・・・
報道によると3600人もの方がいらしたそうです。

It was so crowded with people so it was tough to take photos...According to news reports, 3,600 people were there.



ようやく近くで撮れました。
神主さんの祝詞がのびやかに響きます。
The priests chant.


小梨平で樽酒を振る舞う安井理事。山岳ガイドの石塚さんと。
Mr. Yasui,  Board member of JAC offers people Sake with Mr. Ishizuka, mountain guide.
  

             
             開山祭50回を記念してバッジもいつもより立派です。
Commemorative badge to celebrate the 50th Kaizan-sai



開山祭の後、薄曇りの空をバックに穂高連峰と梓川。
化粧柳は枝先にポヤポヤと淡い緑の葉と花がつき始めています。


                    
                    雪型の「志」もバッチリ出ています。


明けて今朝の山研テラスの様子です。
まだ葉が繁っていないので、たっぷりと朝陽が当たってあたたかです。
ゴールデンウィーク中、岳人たちは(やっぱり)高いところへ上がってしまうらしく、
山研は意外と静かです。
みなさんどうぞご利用くださいませ!

管理人 元川
(Translated by Kaoru)